FC2ブログ

製作日誌

E's Lafの製作日誌です たまに別の作業もしてます
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

もうちょっとイーズラフに関わる時間増やしたい、増やそう

最近の話的なかんじです

・最新ゲームを触っている
・イラスト等やたら描いている
・ドットで格闘ゲーム風スクリーンショットを作っている
・仕事
日々の仕事以外にこれらをやっているんですね
その話です。長いぞ。そしてあまり推敲してないから読みにくいかも。


■背景

blenderのオープンソース化に伴い、改良されたりして使いやすくなったのと、プラグインにより今使ってるdxlibにも互換がつくようになりました。
3Dはフォーマットが独自仕様が多い印象で、今まで断念していました。
だが可能になったと言うならば頑張らなければならないじゃあないか。
(Unityとか最近のツールならばそのあたりの課題は楽だったのかもしれませんが、それらは今回の話ではないので割愛)

まだ内部処理で色々改良の予定がありますけれど、少なくとも僕の技量でなんとでもなる範囲で夢が広がった感じです。
あと数点作ったらフォーマットを決めて依頼に出せたらなと
まだ背景に関してはやればやるだけ学びがあるのでそれらを十分習得してから依頼を出す方が良いと感じています。

余談、
最近の格闘ゲーム以外のジャンルをプレイしておったまげました。
想像よりずっとポリ数もテクスチャ解像度も高いんですね…
格闘ゲームの絵作り以外は無頓着でしたので、最新ゲームをプレイして勉強してます。
勉強不足で申し訳なくなるレベルですな…
毎年100時間もプレイしてないにわかゲームオタクなのでより高いクオリティの映像のために時間を取れれば…




■最近について
はい!本題ね!
最近忙しかったり謎のムーブをしていると感じる人もいるかもしれないので、説明をしたいな!と思います。

ご存知、ご想像の通りゲームデザイナーで日々働いているのですが、ゲームデザイナーは水商売に近いと考えています。
僕はピクセルアート(ドット絵)を生業にしています。
ハッキリ言ってデザイナーの中ではマイナーな職種だと僕は感じています。
現に仕事として関わるとドットに関するお作法が分かるちゃんとした意味でのドッターは多くありません。
2つのお話をします。



1、
あくまで僕個人の考えで話します。
僕が働きはじめた頃はまだ仕事としてドッターは存在しているけれど、ゲームの高解像度化に伴って仕事は無くなっていくのでは?と不安もありました。
幸い自分は器用貧乏でしたので他の職種にうつれば食い扶持が無くなることはないと考えられました。

そのため日々、趣味イラストといった形でツール触ってみたりしてます。
ぶっちゃけ仕事としては下手ですけど、半年ガチればなんとかなるんじゃないかなぁ…
ドットでは出来る事もイラストで出来ない〜とか、技術の変換がうまくいってないので伸び代はあるんじゃないかな…?

最近はクリップスタジオの機能を、会社の隣の席のイラストレーターに聞きながら色々試してみてます。


いやぁ、かなり変わりましたね…
なんとなく、今の人達の絵の描き方が分かった気がします。
あとはどうやって丁寧な絵にするのかとか、色の塗り方はどうすればいいのか?等の手法をなんとか…

ドッターの食い扶持が縮小される懸念点については、owlboyが発売されたばかりの、高クオリティのドット作品は少なく、カジュアル重視のフラットなドットが多い時代の時の考えです。
最近になって高クオリティのドットゲームがいくつも出始めてるので杞憂なのかな…
自分のご飯に関わるので時間は減らしつつも引き続き行えればなと思います。


2、
フォロワー数を増やしたい。
単に増えると目につくのでイーズラフをより知ってもらい、支援による活動の幅を広げる目的。
フォロワー数が増えると、仮に今後フリーランスになった際の活動に幅が出るんじゃないかな?
と思って今までやらなかった商業版権の二次創作に手を出してみたりしてます。



こちらも同じく時間は減らしつつもやっていけたらと考えています。
格ゲードットは他に見ないので差別化できるかもと思っていたのですが、バズっているタイプのデフォルメドットも打てるので色々模索しつつ製作の邪魔にならない範囲で頑張ります。

そもそもフリーランスで仕事している人のTwitterって今後の食い扶持に関わっています。
バズらせ目的の仕事外の作品でもかけられる時間が僕なんかよりずっと多く取れるのでその差を埋めるのは難しい問題ですけども…
最終的に時間とクオリティは比例するので、なにか上手い方法があると良いですね。


上記の理由で毎日少ない時間ながら作業していたのですが、仕事をやりながらはきつい!
睡眠時間を削りすぎて昼に汗が止まらなくて死にかけた事があるので少し自重します。
多分あのままいけばエンターテインメント業界の名物である職場でぽっくりをしてたかもしれませんね笑

あとは支援いただいている皆様にも申し訳ないと感じたのでうまく時間を調整します。

最近ファンになったとあるゲーム製作者が支援を開始しており、この人になら支援したいなと思えたので
「同じ製作者なら魅力的な人にこそ支援したい」と改めて感じました。
彼のストイックな姿に惹かれたので「イーズラフに対する作業時間増やしたい」なぁと笑
僕も男なので人からカッコよく見られたいんです。
かっこいい人の姿を見て我がふりなおせですね。



お仕事
最終的にこれに全部行き着くと言うか、生きていくためのイーズラフ以外の時間が全てここに集約されるんですよね。
ここに関しては読むであろう知り合いに意訳が伝わればいいかな。

最近はもう気をつけて残業しないようにしているのですけど、東京住みなだけに通勤などの拘束もあって家での時間はあまり多くありません。
「時間の確保のためにフリーランスになる」という選択肢は残しつつも、「このまま続けた場合の会社の将来も見てみたい気持ちが」あります。

最低限を語るだけに留めておきますけど、偉くなると責任増える代わりに知れる事・やれる事も増えるんですよね。
フリーランスではまず経験しないであろう事はひとまず味わって糧にしたいなぁ…と

幸いまだ年齢も若く、心配する配偶者もいないので多少の無茶を続けても良いのかな…?
そんなわけで色んなことに時間を取られていますが、もちろんイーズラフ製作も集中していますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト



【 2020/07/05 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Free

Author:Free
拍手があると喜びます

twitter
https://twitter.com/FreeEslaf

ハッシュタグ
#eslaf

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR